E-Mail
elfferding@ gmail.com

ドイツ語 Deutsch
Neuigkeiten
トピックス
蓋
皆の本棚
大道芸
市場
遊園地

滞留空間

人が街での滞留を楽しむような滞留空間のデザインが魅力的な町並みの形成に大きく貢献し、内部リンク 集約型の都市の要素として内部リンク 持続可能なモビリティの確保にも重要とされています。

ドイツのほとんどの街には最近、公共交通、そして歩行者や自転車の交通のみを認める内部リンク トランジットモールや歩行者交通のみを認める歩行者ゾーンがあります。この歩行者・自転車空間を確保するために、ほとんどの自動車交通を旧市街地や中心市街地から閉め出します。さらに、例えばライン川に面している旧市街地を持っているケルンやドュッセルドルフにおいては、街と川を分断した幹線道路を蓋し、その上で公園を整備することにしました。

街を歩きながら歴史をを体験できる工夫もされています。路面整備、街燈や噴水などの位置が元々あった橋、堀や境界線の位置を表すシンボルを設け、史跡も町並みで演出される場合が多くあります。

民間の土地で開かれるビアーガーデンや、特に歩行者ゾーンなどで、公共の土地で開かれる内部リンク オープンカフェーなどでは、街や人との交流を楽しみながら「見る見られる」ことを楽しむ舞台ができています。さらに、朝市、クリスマス市、大道芸やイベントが賑わいをもたらしている。このような公共空間の利用が リンク「特別利用」といわれ、自治体の行政に管理されています。

様々な人が楽しめる街を作り上げる空間としての質がドイツ語で「滞在質」といわれます。中心市街地が寂れないように、多くの地方自治体がその滞在質をなるべく上げようとしています。

その結果、外では楽しい街が待っているので、家が若干狭くても、庭があまりなくても、周りが少しうるさくても、中心市街地に住み、生活をすることが最近、特に若い人の間で流行ってきました。

トップに戻るトップに戻る

最終更新:2007年3月23日
© Susanne Elfferding. All rights reserved.