エルファディンク || オープンカフェー

E-Mail
elfferding@ gmail.com

ドイツ語 Deutsch
Neuigkeiten
トピックス
駅前広場
市内の人工浜

オープンカフェー

60年代後半からは、ドイツ各市の中心市街地で歩行者ゾーンが整備され、徐々に広くなりました。同時に、全国の中心市街地でオープンカフェーが数多くでき、人の生活スタイルまで変わりました。大道芸やイベントと同様に、リンク特別利用であるオープンカフェーの許可などが自治体行政の判断に基づきます。許可に伴い、行政が営業時間を制限し、テーブル、椅子や日傘の色、デザインや配置などに関する条件、そして使える公共地の面積を規定できます。オープンカフェーの経営者がこれらの規定を守り、使っている公共空間を掃除するなどの義務があります。

レストランやカフェーを経営し、トイレが十分に整備されているもののみがオープンカフェーを経営できます。オープンカフェーの設置が店の直前のみに可能で、歩行者の通路や消防車用に確保されている場所を犯してはいけません。従って、店の前に条件を満たす、十分に広い土地がない場合は、オープンカフェーが開けません。

オープンカフェーの許可が普通は4月から10月の夏季に限られているが、特に問題が発生しない場合は許可をほとんど自動的に更新する地方自治体が多いくあります。

観光地でも、オープンカフェー利用者のほとんどが地元や街周辺の人で、「見る見られる」こと、知り合いと偶然な出会うことや街の雰囲気の満喫することを楽しみます。オープンカフェーが他の店のショーウィンドーへのアクセスを妨げる場合があっても、オープンカフェーを使うために中心市街地に遊びに来て、ついでに面白い店を発見する人もいるので、周辺の小売店もよい影響を受けることがあります。さらに、街が夜もにぎわうので、安心感もよくなります。

トップに戻るトップに戻る

最終更新:2006年2月6日
© Susanne Elfferding. All rights reserved.